種子法 映画

種子法は「非関税障壁」=外資参入の邪魔、とみなされた? なぜ種子法は廃止されるのでしょうか。国は種子法を廃止することによって、タネの生産の分野にも民間事業者の参入を促したい、という意図を国会の答弁で明確にしています。. ドキュメンタリー『タネは誰のもの』 年6月に国会成立が見送られ、継続審議となった種苗法改定(案)。10月26日に開会された臨時国会で審議再開の動きが懸念されている。種苗法改定(案)が成立すると、品種改良の知的財産保護をたてにグローバル種育企業によって農作物の種子事業が. 「種苗法の改正は今年2月の国会で可決されるところでしたが、女優の柴崎コウさん(39)などが『慎重な審議を求めます』とツイッターで声を上げた(現在は削除済み)こともあり、反対する世論が高まった。全国の県議会からも意見書が届けられたので、審議が先送りされたんです。しかし. 種子法の正式名称は 『主要農作物種子法』といい. 日本の農業生産者にとって、深刻な影響を与える可能性のある法案がひそかに国会で通過しようとしている――。今年6月に継続審議となって国会. 遺伝子組み換え野菜・種子 1995年からの10年間でモンサントは世界の50の種子企業を買収し、遺伝子組み換え市場の90%を占めている。 遺伝子組み換え作物の大豆、トウモロコシ、綿、小麦だけでなく、トマトやジャガイモなど野菜もある。. 映画を通じて、種子法廃止と種苗法改定がどのように農業に影響を与えるのか、農水省のいう「海外流出を防止するため」というのは本当なのか、さまざまな疑問点が理解できる内容となっており、種苗法改定の国会審議が迫るなかで必見の作品となって.

3月3日、議論を呼んでいる種苗法改正案が閣議決定された。その何が問題なのか? 議論のポイントである「種苗の知的財産権」と「農民の種子へ. 今国会で種苗法改定が審議入りしようとしている。グローバル種子企業の要求を背景にした改定案をめぐって、国内農業をさらに衰退させる危険性を多くの関係者が指摘している。この議論のなかで、これまで野菜や果樹に焦点が当たってきたが、主食であるコメはどうなるのか、日本の種子. 映画『シード ~生命の糧~』上映トークイベント 種子法廃止でタネはどうなる? 【2/25東京】 種子法 映画 映画『シード ~生命の糧~』「ぴあ映画初日満足度ランキング」で3位!. ・「種子法?自分に関係なくない?」という人に伝えたい、「米」の「タネ」の作られ方と種子法の影響 オンライン編集部オススメ:種子の多様性や遺伝子組み換え作物について考えるきっかけとなる映画 よみがえりのレシピ. 結局種子と種苗の映画「タネは誰のもの」と、食の安全の映画 「食の安全を守る人々」(仮題)の 2本の映画を作ることになりました。 種苗法の改定がいよいよ10月の国会で審議されそうなので、「タネは誰のもの」は9月には完成させて是非みんなに広く見. まず 「種子法」と「種苗法」はまったく別もの です。 「種子法」は2年前に廃止されましたが、その議論においても藤井聡は種苗法との混同をしており、相変わらず議論資格が無いことを暴露しています。 失敬!誤記です!!種子法でなく「種苗法」。. 米、麦、大豆などの主要な作物を 安定して供給できるように、 種の生産を国が予算をつけて支えてきた法律です。 1952年のサンフランシスコ講和条約発効の.

タネは誰のものの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。国会で審議の続く種苗法改正案について、専門家の分析も含めて農業. 種子法廃止 年種子法(主要農作物種子法)が廃止された。同法は、米、麦、大豆(主要農作物という)について、国や都道府県が優良な種子. ・「種子法?自分に関係なくない?」という人に伝えたい、「米」の「タネ」の作られ方と種子法の影響 オンライン編集部オススメ:種子の多様性や遺伝子組み換え作物について考えるきっかけとなる映画 よみがえりのレシピ タイトル は 種子法廃止でタネはどうなる?映画『シード ~生命の糧~』上映トークイベント 【2/25東京】 に変更されました。 Orig:07:43; More updates.

種子法が廃止されて2年が経過しましたが、種子法廃止によって私達の生活はどのように変わるのでしょうか。 私達は毎日ふっくらとして香り高いコシヒカリ等の美味しいご飯を当たり前のように食べています。. 種子法の廃止に続き、今年の国会で種苗法が改正され、日本の農と食の根幹が揺るがされようとしている。今、私たちは何をすべきなのか。この問題に詳しい二人に話を伺った。 公的な種子事業が世界中で攻撃されている 印鑰智哉(以下、印鑰) 年4月に主要農作物種子法(種子法)が廃止. (1) 映画上映『種子―みんなのもの?それとも企業の所有物?』(40分) (2) トーク① 世界の種子をめぐる状況と日本の種子法廃止 印鑰智哉(日本の種子を守る会事務局アドバイザー). 種子法とは? 正確には「主要農産物種子法」と言い、優良な品種の米、大麦、はだか麦、小麦及び大豆の種子の生産を安定的に行なうため、原種及び一般種子の生産・管理・供給に関する国・都道府県の責任を規定した法律。. 種苗法改正への見方は与野党で正反対。同じ元農水大臣でも山田氏は「種苗法改定は農家にとっては死活問題」と反対しているのだ。 「tpp協定締結と種子法廃止に続くのが今回の種苗法改定です。. 映画『シード ~生命の糧~』映画概要 種は私たちにとって命そのもの。しかし、前世紀中に野菜の種子の実に94%が消滅。気候変動や、世界の種子市場を多国籍企業の独占が大きな要因だ。.

種子法が年3月で廃止になったことを受け、野菜の種と同じことが米にも起こるのではないかと懸念されている。 地域ごとに合ったタネの選定がなくなり、民間が種をコントロールするようになるとどうなることが懸念されるだろうか?. 日本の種子を守る会副会長 加藤会長 ――(年)4月の通常国会で、主要農作物種子法(種子法)の廃止が可決されました。 種子法 映画 生活クラブ連合会では、種子法廃止が可決されてすぐに反対する声明を出しました。. 種子法 1952年制定。この法律に基づき、農業試験場や都道府県は主要農作物の米、麦、大豆の良い種子を公共財として守り、農家に安定供給して. 種子の問題から日本の食の未来を考える 元農相で弁護士の山田正彦さん(78)が自らプロデューサーを務めた映画「タネは誰のもの」(原村政樹. See more videos for 種子法 映画.